「えるぼし認定」取得!男女共に“自分らしくイキイキと働く”を応援します!

  1. COMPANY

突然ですが、このマーク、何のマークだかご存知ですか??
なんとなく見たことあるな~
マークの文字通り、「女性が活躍している」場所にあるんじゃない?

など…どこかで見たことある、なんとなく知っているという方も多くいらっしゃるかと思います。
こちら、「えるぼし認定マーク」と言って、女性の活躍を推進している企業の証です!

そもそも「えるぼし認定」って何?という方もいらっしゃると思うので簡単に説明すると、
女性の社会進出を後押しするために制定された“女性活躍推進法”に基づいて、厚生労働省が認定している制度です。
認定マークには3段階あり、基準を満たしている項目数によって、取得できる段階が決まります。
厚生労働省HP:https://shokuba.mhlw.go.jp/published/special_02.htm

その基準というのが…

1.採用
2.継続就業
3.労働時間等の働き方
4.管理職比率
5.多様なキャリアコース

桃谷社順天館はこの全てを満たし、2021年2月に「えるぼし認定」3段階目(最高位)を取得!
女性活躍推進企業であるというお墨付きをいただきました♪
こちらが、認定証です!

当社では、以前より、性別関係なく、男女共に活躍できる環境を整えてきました。
男女共に使用できる“ライフサポート休暇(不妊治療休暇)”や、中学入学前のお子さんがいる社員を対象にした、看護休暇でカバーできない学校行事等に使える“親子の絆休暇”、さらに、男性の育児休業取得の推進も行っており、実際に活用している社員もいます。

また、育児や介護等で時短勤務を選択する方もいます。
その場合、多くの企業で短縮分のお給料が控除されますよね。当社も以前はそうでした。
しかし、2019年時短勤務者への給与控除を廃止!“時間”ではなく“成果”で評価する体制へ移行しました。
子どもともっと一緒に過ごしたい、でも時短にすると給与控除がある…というジレンマから解放!
家庭も仕事も諦めずに働くことができ、“成果”で評価されるため、仕事への責任やモチベーションもアップの好循環です。
このような制度が整っていても、どうしても離職しなければならない場合もありますよね。
そんな時のために再雇用制度も制定されています!
育児・介護・病気療養etc…やむを得ず離職した社員が復職しやすい環境も整っています♪

このように、
女性活躍推進企業、といっても、女性だけをサポートしているわけではなく、男女共に活躍出来ることが大切だと考えています。
今後もダイバーシティの推進を行い、性別・国籍・年齢を問わず、みんなが自分らしく活躍できる環境を整えてまいります♪

最後に…、
今回紹介した「えるぼし認定マーク」、商品や広告、HPに掲載している企業もあります。
国の認定を得ている、ということが分かるとなんだか安心感があったりしますよね。
どんな会社かな?と調べるときなど、マークにも注目してみてはいかがでしょうか?
ちなみに当社HPにも掲載しているので探してみてくださいね♪

関連記事

新年あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!昨年は、誰も予想していなかったことが起こり、当たり前だと思っていた日常がいかに恵まれていたのか、その大切さに改めて気づかされた…