環境に配慮した当社の紙袋をご紹介します!

  1. COMPANY

7月からレジ袋が有料になりましたね!
これをきっかけにマイバックを持ち歩くようになったという方も多いのではないでしょうか?
アパレル業界や百貨店でも、何度も繰り返し使用できる紙製のショップバックに変更して販売したり、オリジナルのエコバックを販売したりと、環境に配慮した取り組みが進んでいますよね。

そこで今回は、当社の紙袋をご紹介!
当社でも環境に配慮した取り組みを進めており、昨年、紙袋を一新しました。

化粧品会社ならではの、透明感・ナチュラル感をイメージしたこの紙袋。
もちろん、地球にやさしい工夫を施しています。

地球にやさしいポイントはこちら!
① 環境基金への賛同で、森林保護や植林事業をサポート
② 伐採後に植林することで森林を減らさないように配慮した原紙を使用
③ 植物由来の原料を使用したインクを使用

当社の紙袋にもついているこのマーク、皆さまも見たことありませんか?
一番左の“フォレストマーク”は
フォレスト基金に賛同し、森林保護活動に協力していることを表しています。
真ん中のマークは“バイオマスマーク”と呼ばれていて、
生物由来の資源であるバイオマスを利活用し、品質及び関連法規、基準、規格等に合致している環境商品にのみ付与できるんですよ!

そして、白と桃色で統一された紙袋のデザイン。
このデザインにも注目してほしいポイントがあります。
それは、紙袋に透けて見えるアルファベット!

こちらの写真は文字を分かりやすくするために逆光で撮ってみました。

M・O・T・A・N・I・J・U・E・K…なんのことだかわかりますか?

そうです!
“桃谷順天館”を表すアルファベットです。
「MOMOTANI JUNTENKAN」とすべて記載していないのに、なんとなく読めちゃう不思議!
さらに、このアルファベット部分には透ける加工を施しているので、中に入れるものが透けて、雰囲気が変わり、視覚的にも楽しんでいただくことができます!
実はこの透かす加工、たくさんの紙袋の製造をしている会社でも初めての挑戦だったんです!!
何度も何度も打ち合わせを重ね、より良いものを創ろう!という想いのもと、ようやく完成した紙袋なのです。
このように、“ものづくり”に欠かすことのできない五感を磨く工夫が、様々なところに取り入れられています。
たくさんの想いが詰まったこの紙袋、当社を訪れてくださるお客様にも好評なんですよ♪

1人ひとりがほんの少し意識することで、地球の未来が変わります。
私たちの紙袋を手に取った人に少しでも意識してもらいたい、と思って紙袋側面にこのようなメッセージを付けています。
他にも地球環境に配慮した多くの取り組みを行っておりますので、今後も引き続きご紹介してまいります!

 

関連記事